投稿日: 2023.04.01 | 最終更新日: 2024.02.21

びっくりドンキーの商品のカロリー一覧|カロリーが高い・低いメニューランキングを紹介

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
びっくりドンキー

びっくりドンキーのメニューは、ステーキやハンバーグなどがっつり食べたい人に向けたラインナップが充実しています。しかし、ダイエット中でカロリーが気になる…という人も少なくないでしょう。

そこで今回は、びっくりドンキーのメニューにおけるカロリーやタンパク質、脂質の数値について調査しました。びっくりドンキーのメニュー内で、特にカロリーが低い商品や高い商品についてランキング形式で紹介していきますので、興味をお持ちの方はぜひ参考にしてください。

※メニューは時期により変更され、記事に掲載されているデータが最新のものと異なる場合があります。目的のものが見つからない場合は、似たメニューを参考にしてくださいね。

【おすすめ】摂取カロリー管理と合わせて重要な消費カロリーの管理にスマートウォッチが便利です!

Contents

びっくりドンキーの商品のカロリー一覧

ステーキやハンバーグを中心としたお肉料理と聞くと、いかにもカロリーが高そうに感じるでしょう。しかし実際は、メニューの種類やサイズによってカロリーや成分が異なります。

そこで、以下の13種類に分け、びっくりドンキーのメニューにおけるカロリー・炭水化物・タンパク質・脂質を一覧にしました。

  • ディッシュ
  • ステーキ
  • サラダ
  • 軽食
  • サイド
  • ライス・セット
  • 乳・小麦・卵不使用
  • おこさま
  • デザート
  • ドリンク
  • アルコール
  • ランチ
  • モーニング

1日あたりの消費カロリーを計算

びっくりドンキーはボリューム満点のハンバーグが魅力ですが、ダイエット中に食べるには1日を通したカロリー管理が重要です。

カロリー管理を確実に行うには、摂取カロリーだけでなく、自分の消費カロリーの把握も必要です。
以下の計算ツールでは、性別・年齢・身体活動レベル、身長と、身長に対する標準体重(BMI22にあたる体重)から、標準体重を維持するのに必要なカロリー量を計算します。

自分の消費カロリーを把握しておき、1日を通しての摂取カロリーが消費カロリーを上回らないように上手に調整しましょう。

身長(cm)
cm
性別
年齢
身体活動
レベル
標準体重
 
kg
1日に必要な
カロリー
 
kcal

■身体活動レベルの目安

  • 低い(Ⅰ)…座って過ごすことが多い場合
  • ふつう(Ⅱ)…デスクワーク中心だが、通勤や家事・買い物などで歩く時間がある場合や、軽いスポーツを行っている場合
  • 高い(Ⅲ)…移動や立ち仕事が多い場合や、休日などに活発なスポーツを行う習慣がある場合

男女それぞれの消費カロリーについて詳しく解説した記事はこちら

ディッシュ

まずは、ディッシュメニューのカロリー・炭水化物・タンパク質・脂質を見ていきましょう。

商品名 カロリー
(kcal)
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
レギュラーバーグディッシュ 725 26.1 27.1 91.0
エッグバーグディッシュ 808 32.9 32.8 91.2
チーズバーグディッシュ 855 35.4 37.3 91.8
パインバーグディッシュ 780 26.4 27.1

104.5

おろしそバーグディッシュ 733 26.3 27.2 92.7
フォンデュ風チーズバーグディッシュ 884 32.5 41.1 93.0
カリーバーグディッシュ 865 31.0 36.8 98.7
エッグカリーバーグディッシュ 949 37.8 42.4 98.8
チーズカリーバーグディッシュ 1018 40.3 47.0 99.5
パインカリーバーグディッシュ 920 31.3 36.8 112.2
黒デミバーグディッシュ 782 95.6 28.5 30.2
ビビンバーグディッシュ 771 36.6 22.6 101.5
ポテサラパケットディッシュ 850 30.8 36.1 97.8
いろどりセット レギュラー 484 18.9 17.9 62.3
いろどりセット エッグ 567 25.7 23.6 62.4
いろどりセット チーズ 613 28.2 28.1 63.1
いろどりセット パイン 539 19.2 17.9 75.8
いろどりセット おろしそ 491 19.1 18.0

※150gの栄養成分を記載
※いろどりセットは100g、ソフトクリーム付きの栄養成分を記載
※地域によって一部異なる

ステーキ

続いて、ステーキメニューのカロリー・炭水化物・タンパク質・脂質をご紹介します。

商品名 カロリー
(kcal)
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
ねぎポンおろしバーグステーキ 336 22.9 14.9 29.0
レギュラーバーグステーキ 411 30.1 21.2 24.3
エッグバーグステーキ 494 36.8 26.8 24.4
チーズバーグステーキ 541 39.3 31.4 25.1
パインバーグステーキ 466 30.3 21.2 37.8
おろしそバーグステーキ 419 30.3 21.2 26.0
フォンデュ風チーズバーグステーキ 619 39.7 39.0 26.4
黒デミバーグステーキ 454 32.2 23.3 27.7
コロコロステーキ 544 31.9 37.2 15.0
ハンバーグ&コロコロステーキ 629 40.5 38.9 25.5
びっくりエビフライ&ハンバーグステーキ 799 36.9 56.2 38.1

※ねぎポンおろしバーグステーキ、ハンバーグ&コロコロステーキおよびびっくりエビフライ&ハンバーグステーキは150g、それ以外のメニューは200gの栄養成分を記載
※地域によって一部異なる

サラダ

メインメニューの次は、サラダメニューのカロリー・炭水化物・タンパク質・脂質を確認しましょう。

商品名 カロリー
(kcal)
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
マーメードサラダ S 118 6.2 7.5 7.1
マーメードサラダ L 227 11.4 14.7 13.9
シーザーサラダ S 160 4.3 14.4 3.9
シーザーサラダ L 322 8.6 28.8 8.4
ドンキークラシックサラダ S 155 2.5 13.3 6.3
ドンキークラシックサラダ L 307 5.3  26.1 13.0
ディッシュサラダ S 127 0.9 11.8  4.8
ディッシュサラダ L 369 2.2 34.7 12.5

※地域によって一部異なる

軽食

次は、軽食メニューのカロリー・炭水化物・タンパク質・脂質の一覧です。

商品名 カロリー
(kcal)
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
ハンバーグ&ビバ!ミートスパ 708 32.3 26.1 81.3
ビバ!ミートスパ 537 18.9 16.3 74.0
薪窯マルゲリータ 666 24.5 27.5 79.1

※ハンバーグ&ビバ!ミートスパは100gの栄養成分を記載
※地域によって一部異なる

サイド

つい手が伸びてしまいがちなサイドメニューのカロリー・炭水化物・タンパク質・脂質は以下のとおりです。

商品名 カロリー
(kcal)
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
びっくりフライドポテト 657 7.9 34.8 74.0
スパイシーポテト 659 8.0 34.9 74.4
ザンギ&ポテト 644 18.3 41.1 48.2
イカの箱舟 455 30.9 35.3 3.1
さくさくイカ唐揚げ 405 25.0 26.7 14.5
ブロッコリーの箱舟 535 8.7 50.8 8.0
追加カリーソース 147 5.2 9.8 8.8
追加チーズソース 160 6.4 14.0 2.0
野菜のマヨチーズ焼き 180 6.0 12.5 11.9
エビと揚げナスのおろし和え 179 5.3 14.2 7.8
ふわふわ卵のケランチム 424 18.5 32.7 11.7

※地域によって一部異なる

ライス・セット

続いて、ライス・セットメニューのカロリー・炭水化物・タンパク質・脂質をご紹介します。

商品名 カロリー
(kcal)
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
小ライス 252 3.8 0.5 55.7
ライス 336 5.0 0.6 74.2
大盛りライス 554 8.3 1.0 122.4
カリフラワーライス 42 4.3 0.2 8.2
コーンスープ 83 2.7 2.6 12.5
みそ汁 46 2.8 1.9 5.1

※ライスは並盛の栄養成分を記載
※地域によって一部異なる

乳・小麦・卵不使用

びっくりドンキーには、乳・小麦・卵不使用メニューがあります。各商品のカロリー・炭水化物・タンパク質・脂質は以下のとおりです。

商品名 カロリー
(kcal)
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
乳・小麦・卵を使わないハンバーグ 763 22.2 30.8 92.2
乳・小麦・卵を使わないハンバーグ(小盛り) 589 19.5 30.4 53.8

※地域によって一部異なる

おこさま

小さなお子さんをお持ちの方は、おこさまメニューのカロリー・炭水化物・タンパク質・脂質を押さえておきましょう。

商品名 カロリー
(kcal)
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
ぶ~ちゃんのおこさまランチ
オレンジゼリー
441 17.8 13.7 59.8
ぶ~ちゃんのおこさまランチ
ミルポックル
510 20.7 17.1 66.3
おこさまカレー 245 4.2 4.0 46.3
おこさまスパゲティ 248 7.7 7.4 37.8
プチうどん 160 6.3 1.9 29.4
キッズポテト 165 21.6 2.3 7.2
おこさまザンギ 133 5.4 7.1 9.2
100gレギュラーバーグディッシュ 410 16.8 16.0 48.4
100gエッグバーグディッシュ 493 23.5 21.6 48.6
100gチーズバーグディッシュ 540 26.0 26.2 49.2
100gパインバーグディッシュ 465 17.0 16.0 61.9
100gおろしそバーグディッシュ 418 17.0 16.0 50.1
まきまきチョコ 143 3.5 6.1 18.7
まきまきいちご 142 3.4 6.0 18.6
おこさまコーンスープ 83 2.7 2.6 12.5
おこさまコーラ 76 0.1 0.0 18.9
おこさま太陽のオレンジ 104 0.8 0.2 27.4
おこさまメロンソーダ 76 0.0 0.0 19.2
おこさまイチゴミルク 200 4.3 4.8 36.3
乳酸菌飲料 ミルポックル 214 6.1 6.8 32.2
おこさまりんごジュース 63 0.3 0.0 15.3

※地域によって一部異なる

デザート

ダイエット中の方は、デザートメニューのカロリー・炭水化物・タンパク質・脂質を確認しておくと良いでしょう。

商品名 カロリー
(kcal)
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
しっとりクラシックチョコケーキ 288 4.9 19.1 25.1
北海道ミニソフト 123 3.3 6.0 13.9
北海道ミニソフト チョコソース 198 4.1 6.5 32.0
北海道ミニソフト イチゴソース 160 3.4 6.0 23.4
北海道ソフトクリーム 185 4.9 9.0 20.9
北海道ソフトクリーム チョコソース 284 6.0 9.6 44.9
北海道ソフトクリーム イチゴソース 234 5.1 9.0 33.5
ストロベリーソフト 274 5.5 8.3 44.5
珈琲ソフト 262 5.4 8.4 41.9
ガトーショコラパフェ 454 8.5 25.1 49.5
塩キャラメルプリンパフェ 363 4.6 20.6 40.6

※地域によって一部異なる

ドリンク

続いて、食べ物と一緒に注文するドリンクメニューのカロリー・炭水化物・タンパク質・脂質をご紹介します。

商品名 カロリー
(kcal)
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
コーラ S 46 0.1 0.0 18.9
コーラ L 95 0.1 0.0 23.6
びっくりコーラ 190 0.2 0.0 47.3
メロンソーダ S 76 0.0 0.0 19.2
メロンソーダ L 95 0.0 0.0 24.0
びっくりメロンソーダ 190 0.0 0.0 48.0
コーラフロート S 161 1.6 4.9 27.7
コーラフロート L 180 1.6 4.9 32.5
ソーダフロート S 161 1.5 4.9 28.0
ソーダフロート L 180 1.5 4.9 32.9
森のリンゴスカッシュ L 50 0.0 0.0 12.5
びっくり森のりんごスカッシュ 100 0.0 0.0 25.0
太陽のオレンジ S 104 0.8 0.2 27.4
太陽のオレンジ L 130 1.0 0.3 34.3
びっくり太陽のオレンジ 260 2.0 0.5 68.5
いきいき乳酸菌ヨーデル S 285 9.6 13.2 31.8
いきいき乳酸菌ヨーデル L 418 14.1 19.4 46.6
つぶつぶ食感イチゴミルク S 301 6.5 7.1 54.7
つぶつぶ食感イチゴミルク L 440 9.6 10.6 79.5
のみごろキウイ S 207 1.3 0.2 53.1
のみごろキウイ L 311 1.9 0.3 79.7
ウーロン茶(アイス) S 0 0.0 0.0 0.0
ウーロン茶(アイス) L 0 0.0 0.0 0.0
びっくりウーロン茶 0 0.0 0.0 0.0
ウーロン茶(ホット) 0 0.0 0.0 0.0
ホットコーヒー(シングルオリジン) 5 0.3 0.0 1.0
ホットコーヒー(ブレンド) 5 0.3 0.0 1.0
カフェラテ 125 6.3 7.2 8.7
アイスコーヒー S(シングルオリジン) 6 0.3 0.0 1.1
アイスコーヒー L(シングルオリジン) 8 0.4 0.0 1.4
びっくりアイスコーヒー(シングルオリジン) 15 0.8 0.0 2.7
アイスコーヒー S(ブレンド) 6 0.3 0.0 1.1
アイスコーヒー L(ブレンド) 8 0.4 0.0 1.4
びっくりアイスコーヒー(ブレンド) 15 0.8 0.0 2.7
アイスカフェラテ S 125 6.3 7.2 8.7
アイスカフェラテ L 156 7.9 9.0 10.9
びっくりアイスカフェラテ 312 15.8 18.0 21.9
アイスクリーミーラテ S 320 8.5 19.9 26.7
アイスクリーミーラテ L 461 11.7 28.8 38.6

※地域によって一部異なる

アルコール

ソフトドリンクだけでなく、アルコールドリンクのカロリー・炭水化物・タンパク質・脂質も押さえておきましょう。

商品名 カロリー
(kcal)
炭水化物
(g)
タンパク質
(g)
脂質
(g)
ドンキーハウスビール〈樽生〉  大 242 3.0 0.0 18.9
ドンキーハウスビール〈樽生〉 中 195 2.4 0.0 15.2
ドンキーハウスビール〈樽生〉 小 105 1.3 0.0 8.2
ドンキーフリー(ピルスナー)【ノンアルコール】 66 1.7 0.3 14.9
ドンキーフリー(スタウト)【ノンアルコール】 76 1.0 0.3 18.2
セットのミニフライドポテト 432 4.8 25.2 44.0

※地域によって一部異なる

ランチメニュー

びっくりドンキーには時間限定のメニューも充実しています。
以下の表は、ランチメニューのカロリー・炭水化物・タンパク質・脂質の一覧です。

商品名 カロリー
(kcal)
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
ハンバーグ&コロコロステーキランチ(ライス・みそ汁付き) 1011 48.3 41.4 104.8
レギュラーバーグディッシュセット 771 28.9 29.0 96.1
エッグバーグディッシュセット 854 35.7 34.7 96.3
チーズバーグディッシュセット 901 38.2 39.2 96.9
パインバーグディッシュセット 826 29.2 29.0 109.6
おろしそバーグディッシュセット 779 29.1 29.0 97.8
ビビンバーグセット 817 39.4 24.5 106.5

※各種ハンバーグディッシュセットは150gの栄養成分を記載
※地域によって一部異なる

モーニング

最後に、モーニングメニューのカロリー・炭水化物・タンパク質・脂質を見ていきましょう。

商品名 カロリー
(kcal)
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
モーニングセット(トースト) 403 14.4 18.3 44.3
モーニングセット(チーズトースト) 588 24.5 33.6 46.1
モーニングセット(ポテサラトースト) 580 19.3 32.4 51.9
【プレーントースト】ドンキースペシャルブレックファスト(スクランブルエッグ) 720 20.8 44.8 59.5
【プレーントースト】ドンキースペシャルブレックファスト(目玉焼き) 741 30.0 44.2 54.8
【チーズトースト】ドンキースペシャルブレックファスト(スクランブルエッグ) 905 31.0 60.1 61.4
【チーズトースト】ドンキースペシャルブレックファスト(目玉焼き) 926 40.1 59.5 56.6
【ポテサラトースト】ドンキースペシャルブレックファスト(スクランブルエッグ) 897 25.7 58.9 67.1
【ポテサラトースト】ドンキースペシャルブレックファスト(目玉焼き) 918 34.8 58.4 62.4
ミニマムバーグディッシュ 410 16.8 16.0 48.4
ミニマムエッグバーグディッシュ 493 23.5 21.6 48.6
ミニマムチーズバーグディッシュ 540 26.0 26.2 49.2
ミニマムパインバーグディッシュ 465 17.0 16.0 61.9
ミニマムおろしそバーグディッシュ 418 17.0 16.0 61.9
卵かけご飯 480 14.8 8.1 83.1
卵かけご飯(ライス小盛) 396 13.6 7.9 64.5
卵かけご飯(ライス大盛) 698 18.1 8.4 131.3

※地域によって一部異なる

【おすすめ】摂取カロリー管理と合わせて重要な消費カロリーの管理に便利なスマートウォッチのご紹介

びっくりドンキーのカロリーが低い商品ベスト3

びっくりドンキーは、ディッシュメニューを選ぶと高カロリーになってしまいます。しかし、ライスなどがついていないステーキメニューを単品で注文するなどの工夫によって、気になるカロリーを抑えることが可能です。ここからは、びっくりドンキーのメニューの中でも特にカロリーが低いメニューを紹介していきますので、メニュー選びの参考にしてみてください。

<びっくりドンキーのカロリーが低い商品ベスト3>

  • 1位:ねぎポンおろしバーグステーキ
  • 2位:レギュラーバーグステーキ
  • 3位:おろしそバーグステーキ

<びっくりドンキーのカロリーが低いドリンクベスト3>

  • 1位:ウーロン茶(アイス)
  • 2位:びっくりウーロン茶
  • 3位:ウーロン茶(ホット)

びっくりドンキーのカロリーが低い商品1位:【ねぎポンおろしバーグステーキ】

「ねぎポンおろしバーグステーキ」は、ハンバーグの上に刻みねぎや大根おろしを乗せ、ゆずポン酢で仕上げているメニューです。しめじやキャベツが添えられており、全体的に和風な仕上がりになっています。

商品名 カロリー
(kcal)
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
ねぎポンおろしバーグステーキ 336 22.9 14.9 29.0

※150gの栄養成分を記載
※地域によって一部異なる

びっくりドンキーのカロリーが低い商品2位:【レギュラーバーグステーキ】

「レギュラーバーグステーキ」は、びっくりドンキーの創業初期からある定番のメニューです。「200g 850円」とリーズナブルな価格で、ジューシーなお肉を贅沢に楽しめます。

商品名 カロリー
(kcal)
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
レギュラーバーグステーキ 411 30.1 21.2 24.3

※200gの栄養成分を記載
※地域によって一部異なる

びっくりドンキーのカロリーが低い商品3位:【おろしそバーグステーキ】

「おろしそバーグステーキ」は、大根おろしと青じそのさっぱりとした口当たりが濃厚なハンバーグの良さを引き立てているメニューです。ハンバーグがメインとなっているものの、びっくりドンキーのメニューの中では比較的カロリーが低いです。

商品名 カロリー
(kcal)
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
おろしそバーグステーキ 419 30.3 21.2 26.0

※200gの栄養成分を記載
※地域によって一部異なる

びっくりドンキーのカロリーが低いドリンクランキング

びっくりドンキーで提供されているドリンクメニューの中で、特にカロリーが低いものは以下の3つです。

商品名 カロリー
(kcal)
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
ウーロン茶(アイス) 0 0.0 0.0 0.0
びっくりウーロン茶 0 0.0 0.0 0.0
ウーロン茶(ホット) 0 0.0 0.0 0.0

※地域によって一部異なる

びっくりドンキーでは「ホット」「アイス」「びっくりウーロン茶」の3形態で「ウーロン茶」を提供していますが、いずれもカロリーは0kcalで、ダイエットにおすすめなドリンクといえます。

そのほか、「コーヒー」については、ホット、アイスのカロリーがいずれも1桁の数値であるため、食事に影響を与えることはさほどありません。

びっくりドンキーのカロリーが高い商品ベスト3

ここからは、びっくりドンキーのメニューにおいて、特にカロリーが高いものを見ていきましょう。高カロリーメニューは以下のとおりです。

<びっくりドンキーのカロリーが高い商品ベスト3>

  • 1位:チーズカリーバーグディッシュ
  • 2位:エッグカリーバーグディッシュ
  • 3位:パインカリーバーグディッシュ

<びっくりドンキーのカロリーが高いドリンクベスト3>

  • 1位:アイスクリーミーラテ L
  • 2位:つぶつぶ食感イチゴミルク L
  • 3位:いきいき乳酸菌ヨーデル L

びっくりドンキーのカロリーが高い商品1位:【チーズカリーバーグディッシュ】

ハンバーグの上に約30種類のスパイスを使用したカレーをかけ、さらにチーズを乗せて作られているのが「チーズカリーバーグディッシュ」です。びっくりドンキーの中でもカロリーが高く、脂質も50g近いボリュームのあるメニューとなっています。

商品名 カロリー
(kcal)
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
チーズカリーバーグディッシュ 1018 40.3 47.0 99.5

※150gの栄養成分を記載
※地域によって一部異なる

びっくりドンキーのカロリーが高い商品2位:【エッグカリーバーグディッシュ】

「エッグカリーバーグディッシュ」は、ハンバーグにカレーと半熟の目玉焼きが乗っているのが特徴です。目玉焼きの黄身が、まろやかな風味と味わいを生み出します。

商品名 カロリー
(kcal)
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
エッグカリーバーグディッシュ 949 37.8 42.4 98.8

※150gの栄養成分を記載
※地域によって一部異なる

びっくりドンキーのカロリーが高い商品3位:【パインカリーバーグディッシュ】

ハンバーグの上にカレーをかけ、甘酸っぱくジューシーなパイナップルを乗せて仕上げているのが「パインカリーバーグディッシュ」です。パイナップルが使われているためヘルシーな印象を受けますが、900kcalを超えているためダイエット中の方は注意が必要といえます。

商品名 カロリー
(kcal)
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
パインカリーバーグディッシュ 920 31.3 36.8 112.2

※150gの栄養成分を記載
※地域によって一部異なる

びっくりドンキーのカロリーが高いドリンクランキング

びっくりドンキーで提供されているドリンクメニューの中で、特にカロリーが高いものは以下の3つです。

商品名 カロリー
(kcal)
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
アイスクリーミーラテ L 461 11.7 28.8 38.6
つぶつぶ食感イチゴミルク L 440 9.6 10.6 79.5
いきいき乳酸菌ヨーデル L 418 14.1 19.4 46.6

※地域によって一部異なる

「アイスクリーミーラテ」は、カフェラテに北海道ソフトクリームを浮かべたボリューミーなドリンクです。

「つぶつぶ食感イチゴミルク」は、果肉の食感を残したイチゴソースに生クリームを入れて作ったミルクが使用されているドリンクメニューです。氷が入っていないため、時間が経過しても薄くなりません。

「いきいき乳酸菌ヨーデル」はヨーグルトと北海道産生クリームを組み合わせたオリジナルドリンクです。まろやかな味わいですがカロリーも高めです。

高カロリーなメニューとの付き合い方

びっくりドンキーのメニューは高カロリーなものも少なくなく、カロリーの高いものでは1000kcalを超えるものも。
また、びっくりドンキーに限らず、ハンバーグなど洋食中心の外食では脂質を多く含むメニューも多く、摂取栄養素が脂質に偏りやすい点も気になるポイントです。

外食にありがちな脂質や塩分が多く、カロリーの高い食事は健康のために絶対に食べてはいけない、というものではありませんが、食べる頻度には注意が必要です。

高カロリーな食事を高い頻度で食べ続ける食生活では、肥満やそれに伴う生活習慣病のリスクが高くなってしまいます。

これらの生活習慣病の治療では食事内容が制限されることも少なくないため、食を楽しむ生活を長く続けるためにも、健康なときから食事の管理を行うことが大切です。

高カロリーなメニューはいつも頑張っていることへの「ご褒美」として、頻繁になりすぎないように楽しみたいですね。

肥満が原因となって起こる生活習慣病のひとつ「糖尿病」の食事について詳しく解説した記事はこちら

びっくりドンキーの人気商品のカロリー

びっくりドンキーには、ここまでご紹介した低カロリーメニュー・高カロリーメニュー以外にも魅力的な商品がそろっています。店舗に足を運んだ際、メニュー選びに困ってしまったときは、以下3つの商品を検討してみてください。

<びっくりドンキーの人気商品3つ>

  • レギュラーバーグディッシュ
  • フォンデュ風チーズバーグステーキ
  • ハンバーグ&コロコロステーキ

びっくりドンキーの「レギュラーバーグディッシュ」のカロリー

まずは、創業初期からのロングセラー商品、「レギュラーバーグディッシュ」です。こちらは和風ベースのソースを使用して作られており、素朴な印象の味わいになっています。

商品名 サイズ
(g)
カロリー
(kcal)
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
レギュラーバーグディッシュ 150 725 26.1 27.1 91.0
300 998 47.3 42.5 103.6

※地域によって一部異なる

びっくりドンキーの「フォンデュ風チーズバーグステーキ」のカロリー

ハンバーグにブレンドチーズをたっぷりとかけ、チーズフォンデュ風に仕上げたのが「フォンデュ風チーズバーグステーキ」です。ステーキメニューの中ではカロリーが高い部類に入るため、ドリンクやサラダなど一緒に注文するメニューの数や種類に注意しましょう。

商品名 サイズ
(g)
カロリー
(kcal)
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
フォンデュ風チーズバーグステーキ 150 884 32.5 41.1 93.0
300 1158 53.7 56.5 105.6

※地域によって一部異なる

びっくりドンキーの「ハンバーグ&コロコロステーキ」のカロリー

「ハンバーグ&コロコロステーキ」には、スタンダードなハンバーグに加え、コロコロの牛肉ステーキが盛り付けられています。牛肉の産地はオーストラリアやニュージーランドで、品質や安全性が高いのも魅力のひとつです。

商品名 カロリー
(kcal)
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
ハンバーグ&コロコロステーキ 629 40.5 38.9 25.5

※地域によって一部異なる

【おすすめ】摂取カロリー管理と合わせて重要な消費カロリーの管理に便利なスマートウォッチのご紹介

管理栄養士が勧めるダイエット中のおすすめの組み合わせ

びっくりドンキーのメニューは全体的にボリューム満点で1食あたりのカロリーも高めです。
そのため、ダイエットや健康のために食事のカロリー管理をしている人が安心して選ぶには、少しコツがいるかもしれません。

今回は、1食あたりのカロリーを3段階に分け、それぞれのボリュームでおすすめの組み合わせ例を紹介します。

  • 500kcalに収めるおすすめメニュー例
  • 650kcalに収めるおすすめメニュー例
  • 700kcalに収めるおすすめメニュー例

※1日あたりの消費エネルギー(推定必要エネルギー)は年齢や性別、日常的な活動量によって異なります。身体活動レベルが「ふつう」の成人の場合、男女別の消費カロリーは以下の数値が目安となります。

・男性…およそ2650kcal
・女性…およそ2000kcal
*日本人の食事摂取基準2020年版

※減量を目的とする場合、摂取カロリーを消費カロリーよりも少なくする必要があります。
体脂肪1㎏に相当するカロリーは7200kcal程度といわれており、体脂肪1㎏を減らすには、消費エネルギーに対して摂取エネルギーが7200kcal分不足する状況にする必要があります。

自分の消費カロリーや減量の目標、食事からのカロリーをどのくらいまで抑えたいかを考えて、組み合わせ例の中から自分に合ったものを参考にしてみてくださいね。

※メニューは随時入れ替わりがあるため、現在提供されていない、または内容が異なる可能性があります。
 今回紹介したオーダー例を参考に、カロリー量や食事内容が近いメニューを選んでみてくださいね。

500kcalに収めるおすすめメニュー例

1食500kcalは「しっかりダイエットしたい人向け」のボリュームです。
ダイエットは手を抜きたくない人におすすめです。

■500kcalに収めるおすすめメニュー例

  • いろどりセット レギュラー100g(みそ汁付)
  • セットドリンク ウーロン茶(ミニソフトなし)

合計497kcal

■栄養バランス詳細

商品名 カロリー
(kcal)
たんぱく質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
食塩相当量
(g)
いろどりセット
レギュラー100g
(みそ汁付)
497 20.6 17.7 63.7 4.1
ウーロン茶
(アイス)
0 0 0 0 0
合計 497 20.6 17.7 63.7 4.1
エネルギー比率 16.6% 32.1% 51.3%
エネルギー比目標 13~20% 20~30% 50~65%

「いろどりセット」は大きさを選ぶことができるハンバーグに少なめのごはん、通常の大根サラダがたっぷりの彩り野菜に変更したセットです。

通常のハンバーグディッシュと比較してカロリーを低く抑えられるだけでなく、野菜のボリュームが多いのも魅力です。
「いろどりセット レギュラー100g」はもっともシンプルなハンバーグのセットで、サイズも小さめ。

ドリンクをゼロカロリーのウーロン茶にすることで、びっくりドンキーでも500kcalに収めることが可能です。
健康的とされる栄養素のバランスもおおむね満たしており、健康が気になる方にもおすすめです。

650kcalに収めるおすすめメニュー例

1食650kcalは、上記で紹介した成人男性には「しっかりダイエット向きの量」、成人女性には「ちょうどよいボリュームの量」といえます。
ダイエットしたい男性や、食べすぎを防ぎたい女性におすすめです。

■650kcalに収めるおすすめメニュー例

  • ビビンバーグセット(ランチメニュー・みそ汁付き)733kcal
  • ライス小盛変更 -84kcal

合計649kcal

■栄養バランス詳細

商品名 カロリー
(kcal)
たんぱく質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
食塩相当量
(g)
ビビンバーグセット(ランチメニュー・みそ汁付き) 733 32.8 19.7 103 7.6
ライス小盛変更 -84 -1.2 -0.1 -18.5 0
合計 649 31.6 19.6 84.5 7.6
エネルギー比率 19.5% 27.2% 52.1%
エネルギー比目標 13~20% 20~30% 50~65%

ランチタイムに提供されている「ビビンバーグランチセット(みそ汁付き)」は、ハンバーグにナムル、キムチ、たまごなどを盛り付けたメニューです。

ハンバーグが小さめの100gであるためカロリーを抑えつつ、野菜もしっかりとることができます。
ハンバーグは小さめですが、目玉焼きが乗っていることで、ある程度ボリュームも補うことができています。

通常サイズでは700kcalを超えてしまいますが、ごはんを少な目に変更することで、650kcal程度までカロリーを抑えて楽しむことが可能です。
また、サイドメニューとしてみそ汁がついているので、カロリーを抑えつつ、ボリューム感を高めることができます。

栄養素のバランスも目標範囲をクリアしており、健康的なメニューとしてオススメです。

700kcalに収めるおすすめメニュー例

1食700kcalは、上記で紹介した成人男性には「ボリューム控えめの量」、成人女性には「しっかりめの量」といえます。
食べすぎを避けたい男性や、ある程度食事管理をしつつもしっかり食べたい女性におすすめのボリュームです。

■700kcalに収めるおすすめメニュー例

  • 150gおろしそバーグディッシュセット(ランチメニュー・みそ汁付き)787kcal
  • ライス小盛変更 -84kcal

合計703kcal

■栄養バランス詳細

商品名 カロリー
(kcal)
たんぱく質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
食塩相当量
(g)
150gおろしそバーグディッシュセット(みそ汁付き) 787 29.1 29.9 97.8 4.4
ライス小盛変更 -84 -1.2 -0.1 -18.5 0
合計 703 27.9 29.8 79.3 4.4
エネルギー比率 15.9% 38.2% 45.1%
エネルギー比目標 13~20% 20~30% 50~65%

700kcal程度までであれば、150gのハンバーグも選択可能です。
おろしそハンバーグはトッピング無しのレギュラーハンバーグと比べて、カロリーはほとんど変わらず楽しめるのが魅力です。
ライスを小盛に変更することで、700kcalまでカロリーを抑えることができます。
ランチセットの場合、カロリーが低くボリュームを増せるみそ汁がつくのが利点です。

栄養バランスに関しては、目標数値と比べてやや脂質が多く、炭水化物が少ないバランスになっています。
前後の食事では脂質の少ない食事を心掛けると1日を通してバランスの取れた食事にすることができますので、意識してみてくださいね。

びっくりドンキーでダイエット向きの食べ方まとめ

今回は、びっくりドンキーで提供している商品のカロリーや、おすすめの人気商品について詳しく解説しました。最後に、今回ご紹介した内容を簡単に振り返りましょう。

<びっくりドンキーのカロリーが低い商品ベスト3>

  • 1位:ねぎポンおろしバーグステーキ(336kcal)
  • 2位:レギュラーバーグステーキ(411kcal)
  • 3位:おろしそバーグステーキ(419kcal)

<びっくりドンキーのカロリーが高い商品ベスト3>

  • 1位:チーズカリーバーグディッシュ(1,018kcal)
  • 2位:エッグカリーバーグディッシュ(949kcal)
  • 3位:パインカリーバーグディッシュ(920kcal)

また、びっくりドンキーの人気メニューは以下のとおりです。

<びっくりドンキーの人気商品3つ>

  • レギュラーバーグディッシュ(150g:725kcal)
  • フォンデュ風チーズバーグステーキ(150g:884kcal)
  • ハンバーグ&コロコロステーキ(629kcal)

びっくりドンキーは、注文するメニュー次第で500kcal以下の食事が可能ですが、一緒に頼むドリンクやデザートの内容によっては1000kcalを超えてしまうこともありえます。食事制限をしている方は、野菜が多めのメニューを選ぶなど、なるべくローカロリーで抑えられるよう、工夫してみましょう。

びっくりドンキー以外の飲食店カロリーについて紹介した記事はこちら

【おすすめ】体重コントロールのための消費カロリーの管理に便利なスマートウォッチを紹介します。

スマートウォッチのおすすめ商品ランキングのページはこちら

スマートウォッチおすすめ13選

参考文献

厚生労働省:「日本人の食事摂取基準(2020年版)策定検討会」 報告書

平井 しおり管理栄養士
■監修・メニューの組み合わせ考案
平井 しおり管理栄養士

2013年に管理栄養士資格取得後、保育施設に勤務、栄養相談などに従事。

現在は「イマカラ」にて、栄養とダイエットに関する科学的根拠に基づいた情報を発信しています。