タピオカドリンクのカロリーはどのくらい?|管理栄養士執筆

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
飲食店のタピオカドリンク

若者を中心に大人気の「タピオカドリンク」。
台湾のタピオカドリンク専門店なども次々に出店し、行列になっているのを見かけることも少なくありません。
もちもち食感で大人気のタピオカドリンクですが、おいしさの一方で気になるのはやはり「カロリー」ですよね。
タピオカドリンクのカロリーと、カロリーアップ&カロリーダウンになるカスタムについて解説します!

タピオカ専門店、カロリー情報は公表している?

タピオカドリンクのカロリーは…?といっても、材料や作り方はお店によってさまざまなので、一律に「この数値です」と提示できるものではありません。

お店ごとの栄養成分表示などを確認するのがもっとも正確な情報といえます。
が、複数のタピオカドリンク専門店のウェブサイトを確認したものの、ほとんどのサイトでエネルギー等の情報を得ることはできませんでした。

タピオカドリンクのカロリーについて、公式の情報を得ることは難しいようです。

タピオカミルクティーのカロリーを管理栄養士が試算してみた

そこで、タピオカドリンクの原材料からカロリーを推定してみました!

タピオカドリンクにはいろいろなバリエーションがありますが、今回はいちばんポピュラーな「タピオカミルクティー」について考えます。

専門店のタピオカドリンクMサイズの量はおおむね500mlほど。
500mlの容器に入る量でカロリー計算をしてみました。

分量 エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物
タピオカ(ゆで) 90g 56kcal 0g 微量 13.9g
黒糖 20g 71kcal 0.3g 微量 18.1g
紅茶(浸出液) 100g 1kcal 0.1g 0g 0.1g
牛乳 270g 181kcal 8.9g 10.3g 13.0g
ガムシロップ 18g 50kcal 0g 0g 13.5g
合計 498g 359kcal 9.3g 10.3g 58.6g

※横スクロールで表全体の確認が可能です。

タピオカだけでは60kcal程度とさほどエネルギーは高くありませんが、味付けのための黒糖シロップやガムシロップによってカロリーが上乗せされているといった印象ですね。

タピオカミルクティーとして考えると500mlで360kcalほどとなり、ドーナツやカットケーキ1個と同じくらいの数値に。
エネルギーに関しては飲み物というよりはスイーツというほうが近いといえそうです。

カスタムでカロリーも変動する!

タピオカのカロリー

とはいえ、タピオカドリンクを提供しているお店によってもレシピは異なること、カスタムによってさまざまなパターンがあることから、必ずしも上記の計算の通りになるわけではありません。

カスタム次第ではカロリーを抑えられるので、ぜひ参考にしてくださいね。

エネルギーが低くなる要素

・サイズダウン(700ml→500mlでおよそ0.7倍)
・ミルクティーではなくストレートティーにする(上記のレシピで約180kcalダウン)
・牛乳を低脂肪乳にする(上記のレシピで約60kcalダウン)
・ガムシロップの代わりに低カロリー甘味料を使う(上記のレシピで最大50kcalダウン)

エネルギーが高くなる要素

・サイズアップする(500ml→700mlでおよそ1.4倍)
・生クリームやチーズフォームを加えている(100-250kcalプラス)
・甘さ強めなど、砂糖やガムシロップを上記のレシピより多く使っている(カロリープラス)

カロリーが気になるから我慢、ではなくかしこく工夫して楽しもう!

カロリーが気になる人にとって、甘くておいしいスイーツは魅力的で悩ましい存在ですよね。
好き放題食べたり飲んだりしていいというものではありませんが、食べたいのにカロリーが気になるからといって一切口にしない、というのもストイックすぎて疲れてしまうかもしれません。

量や頻度をひかえめにしたり、カスタムを工夫することでカロリーを抑えつつタピオカドリンクを楽しむのがいいのではないでしょうか?

参考文献

文部科学省:「食品成分データベース:日本食品標準成分表2015年版(七訂)」

厚生労働省:健康づくりのための運動指針2006