2019.05.17

口内炎の時にやさしい食べ物は?|管理栄養士執筆

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
口内炎

口内炎ができると常にズキズキと痛んで気になってしまいますよね。

話すのも食べるのもつらい、となるとだんだんと元気もなくなってきてしまいます。
口内炎のつらさを軽減する食事のコツを解説します。

刺激の少ない食事を心がけよう

口内炎は、簡単に言えば口の中に傷がある状態。

その傷に食べ物が当たったり、食事の塩分などが触れることで刺激されて痛むのです。
口内炎のつらさを軽くするためには「刺激の少ない食事」を心がけるのがたいせつです。

避けるもの…刺激の強い食事

辛いもの・熱いもの・固いものは傷口へダメージを与えるものです。
また、濃い塩味や酸味・辛味は皮膚の粘膜に対して刺激になります。

具体的には、

・トウガラシなどの香辛料

・熱すぎる料理

・フライや固いせんべいなど、傷口にあたると痛いもの

・ひとくちが大きいもの(噛む回数が増えて刺激に)

・塩分濃度の高い漬け物

・酸味の強い酢やかんきつ類

などがあげられます。

積極的に選ぶもの…刺激の少ない食事

口内炎の時にやさしい食事とは、「刺激の少ない食事」、よって上記のような刺激物の少ない食事ということになりますね。

具体的には

・塩分の少ない薄味のもの

・香辛料を使っていないもの

・やわらかい食感のもの

・ひとくちが小さくて済むもの

・とろみの付いたもの

・熱すぎない温度のもの

など、お腹の調子が悪いときに近い「やさしい食事」がいいでしょう。

コンビニで買うなら…刺激の少ないメニュー例

外食やコンビニだと、味が濃かったり香辛料がきいたりした「強い味」が多いため、口内炎の時にはつらいことも。

コンビニで買える食べ物の中で口内炎の時にもやさしい食事を選ぶなら…

・茶碗蒸し

・具だくさんの汁物

・おでん(少し冷まして!)

・プリン・ヨーグルト・ゼリー

などがおすすめ。
中華やエスニックより和食や洋食のほうが、刺激物が少ないことが多いですね。

口内炎の治癒を助ける栄養素はある?

口内炎の時の食事として気になるのは、「早く治すのに役立つ食品」。
ビタミン剤などが人気ですが、効果がある人は限られるようです。

ビタミン剤は「ビタミン欠乏」の人以外はあまり効果ないかも

摂取不足が口内炎につながるビタミンはビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシンなど。

しかし、これらの栄養素に関して、平成29年の栄養素摂取量の平均値は日本人の食事摂取基準の推定平均必要量の値をおおむねクリアしています。
現代の日本の食生活ではこれらのビタミン欠乏症としての口内炎が起こるほど不足している人はさほど多くないと考えられます。

これらのビタミンを含んだマルチビタミンサプリを飲んだ人と飲まなかった人を比べても、口内炎ができる頻度や口内炎の治る速さには差がなかったという研究報告*)もあり、ビタミン不足が原因の口内炎の人でなければ、ビタミンサプリの効果はあまり期待できなさそうです。
*)Lalla RV, Choquette LE, Feinn RS, Zawistowski H, Latortue MC, Kelly ET, Baccaglini L. Multivitamin therapy for recurrent aphthous stomatitis: a randomized, double-masked, placebo-controlled trial. J Am Dent Assoc. 2012 Apr;143(4):370-6.

肌荒れや口内炎に、と表示されているビタミン剤もありますが、すべての人に等しく効果があるわけではない、ということだけ知っているといいですね。

また、欠乏症が出るほど食生活がかたよっている人は、サプリだけに頼るのではなく、食生活全体を見直しする必要があるかもしれません。

簡単レシピで口内炎撃退メニュー

柔らか鶏の中華あんかけごはん

鶏の中華あんかけご飯

【材料】2人分

ごはん 1合(300g)
鶏むね肉 150g
ひとつまみ(0.5g)
砂糖 小さじ1/2(2g)
小さじ1(5g)
片栗粉 大さじ1(9g)
にんじん 80g
豆苗 ひとパック(90g)
大さじ1(12g)
300ml
鶏ガラスープの素 小さじ1(3g)
小さじ1/2(2.5g)
こしょう 少々(2~3振り)
しょうゆ 小さじ2(10g)
30ml
片栗粉 小さじ2(6g)

※横スクロールで表全体の確認が可能です。

【作り方】
1. ごはんは炊いておく。水、鶏ガラスープの素、塩、こしょう、しょうゆを混ぜておく。
2. 鶏むね肉は繊維を断つようにそぎ切りにし、塩、砂糖、酒を絡めて5分置き、片栗粉をまぶす。
3. にんじんは皮をむいて千切り、豆苗は根元から切って人参の長さに合わせて切る。
4. フライパンに油を敷き、鶏肉を焼く。両面の色が変わったらにんじんを加えて炒め、にんじんがしんなりしたら豆苗を加え、合わせておいた調味料を加える。
5. 全体が煮立って具材に火が通ったら水溶き片栗粉を回し入れて全体を混ぜ、とろみをつける。
6. どんぶりにご飯を盛り、5を盛り付ける。

【栄養価】1人分455kcal ビタミンB2 0.23mg ビタミンB6 0.63mg

肉や野菜を取り入れつつ、食べやすさを重視したメニューです。
片栗粉をまぶすことで鶏むね肉は柔らかく食べやすくなるので試してみてくださいね。

参考文献

国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所:「健康食品」の安全性・有効性情報(ビタミンB2、B6、ナイアシンについて)

吉田勉 監修:「わかりやすい食品機能栄養学」.三共出版,2010.

厚生労働省:「日本人の食事摂取基準(2015年版)」

厚生労働省:平成29年「国民健康・栄養調査」の結果

Lalla RV, Choquette LE, Feinn RS, Zawistowski H, Latortue MC, Kelly ET, Baccaglini L. Multivitamin therapy for recurrent aphthous stomatitis: a randomized, double-masked, placebo-controlled trial. J Am Dent Assoc. 2012 Apr;143(4):370-6.

文部科学省:「食品成分データベース:日本食品標準成分表2015年版(七訂)」

平井 しおり管理栄養士
平井 しおり管理栄養士

2013年に管理栄養士資格取得後、保育施設に勤務、栄養相談などに従事。

現在は「イマカラ」にて、栄養とダイエットに関する科学的根拠に基づいた情報を発信しています。