2019.04.20

ヨーグルトにインフルエンザや花粉症予防効果がある?

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
ヨーグルト

手に入りやすくてとても身近なヨーグルトは、毎日の食生活に取り入れやすい食材ですよね。
ヨーグルトの栄養効果といえば整腸作用ですが、
近年は乳酸菌やビフィズス菌の様々な効果についての研究が進められている食材でもあります。
ヨーグルトの新しい効果について紹介します。

整腸作用以外のヨーグルトの機能性が注目されている

ヨーグルトは発酵食品

ヨーグルトは牛乳や羊乳を、乳酸菌・ビフィズス菌の発酵により凝固させた食品のことを指します。

牛乳の中に含まれるカゼインといわれる乳たんぱく質は、酸で固まる性質を持っています。
乳酸菌やビフィズス菌といった菌が牛乳の中に含まれる糖分を分解し、酸を作り出すとカゼインが固まります。
そのためヨーグルトは固まり、特有のほのかな酸味が出てくるようになります。

ヨーグルトの機能性というよりも、乳酸菌やビフィズス菌の機能性

ヨーグルトをつくるための乳酸菌やビフィズス菌には多くの種類があります。
ヨーグルトの製品ごとにいろいろな種類の菌が使われており、その特性も様々です。
これまで、ヨーグルトに含まれる乳酸菌の栄養機能は整腸作用が主なものでしたが、近年は研究機関やメーカーでの研究が進み、

・免疫機能強化
・アレルギーの改善・予防
・コレステロール値の低下
・プリン体対策

などの機能性を持った乳酸菌株が注目されています。

乳酸菌の種類によって効果が違う

上に示したような機能はすべての乳酸菌が等しく持っているものと、そうでないものがあります。
機能ごとに少し詳しく解説します。

ほとんどの乳酸菌・ビフィズス菌で期待されている機能
整腸作用

腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを改善し、腸の働きを活発にしておなかの調子を整えます。

便秘が原因の肌荒れ改善

腸内環境を改善することにより、善玉菌が増え、吹き出物などの原因となる有害物質を産生すると考えられている悪玉菌を減らすことができます。
腸内環境の改善により、便秘などが原因の肌トラブルを改善することにもつながります。

骨を健康に保つ

善玉菌は酸を産生するため、腸内が酸性に傾きます。
カルシウムは酸性の条件で吸収されやすくなるため、日本人が不足しがちなカルシウムを吸収しやすい状態をつくり、骨の健康維持を助けます。

美肌

一部の乳酸菌・ビフィズス菌で期待されている機能
免疫機能強化(ラブレ株、R-1乳酸菌、ビフィズス菌SP株など多数)

病原菌が腸の粘膜に結合するのを防いだり、ヒトの持つ免疫細胞を活性化して感染症にかかりにくくする機能が期待される菌種があります。
ラブレ株については、予防接種の効果には及ばないものの、2か月間の継続摂取でインフルエンザウイルスの罹患率が下がったという報告もあります。

アレルギー症状の改善・予防(LGG菌、L-55菌、BB536菌など多数)

腸内で悪玉菌が優位になると、アレルギー症状のもととなる細胞の働きが高まり、アレルギーを起こしやすくなることがあります。
ヒトの免疫に働きかけてアレルギー症状を抑えたり、腸管からアレルゲンが侵入するのを防いでアレルギーが発症しないように働くと考えられている菌種もあります。
LGG乳酸菌とTMC0356乳酸菌を含んだヨーグルトを10週間継続摂取することによって、花粉症の人で鼻詰まりの自覚症状が低下したとの報告もあります。

コレステロール値の低下(ガセリ菌SP株、クレモリス菌FC株など多数)

血中コレステロール値が上がると、動脈硬化や心筋梗塞といった疾病の原因となります。
コレステロールを多く含む胆汁と菌そのものが結合することによってコレステロールの排泄を高める機能が注目されています。

ガセリ菌SP株を用いた実験では、軽度の高コレステロール血症の人に対して、11週間の継続摂取により血中のコレステロール値を10%程度低下させる働きがあったとする報告があります。

実験は各メーカーが行っていることが多い

ヨーグルトでこのような効果があった!という研究の多くは各メーカーが実験を行っているものが多いのが特徴です。

メーカーが発表した研究結果というのは、その食品の機能性を大きく解釈してしまう傾向があるため、実際には期待するほどの効果があらわれないことも大いに考えられます。

なぜメーカーが行った実験は過大評価になりがちなのか?というと、食品の機能性が認められるとその食品の売り上げが上がることが予想されるためです。

テレビ番組などのメディアでは「ヨーグルトを食べていれば薬はいらない」といったような表現もみられることがあります。

しかし、一般的に食品の機能性は「効果がある人も、ない人もいる」というレベルのもので、医薬品ほど効果のあるものないと考えるのが妥当です。

生活への取り入れ方・注意点

ヨーグルトを持つ女性

さまざまな効果が期待されるヨーグルトですが、いくつか工夫をすることで、より効果が得られやすくなるかもしれません。

食べ物は薬にはならない

ヨーグルトに限らず、様々な食品の機能性が注目されていますが、食品の機能性はとても限定的なもので、治療に関しては医薬品には及びません。

インフルエンザ予防に関しても、花粉症に関しても、基本は医療機関での予防接種やアレルギーの治療がメインになります。

機能性のある食べ物といっても、医療の代わりにはなりません。
あくまで食べ物であり、食べ続けることで「もしかしたら、インフルエンザにかかりにくくなるかも」という程度であることを覚えておきましょう。

毎日食べ続けるのがポイント

ヨーグルトの機能性を調べた実験では、2か月以上の継続摂取をしたものが多くみられました。
一度にたくさんの量を食べるよりも、1日1~2食程度の量を毎日食べることによって、効果が表れた実験の条件により近づけることができます。

もちろん、ヨーグルトを食べるだけではなく、バランスの取れた食事や適度の運動も健康のためには必要です。
また、人によって菌種との相性がありますので、おなかの調子が崩れたり、合わない製品があったら避けることも重要です。

加熱すると菌が死んでしまう

ヨーグルトの菌は生き物なので、60度以上で死滅してしまいます。
生きて腸に届くことを売りにしている商品などは、生きた菌の効果を引き出すために、加熱せずに食べたほうがよいでしょう。

冷えに弱い人は常温に戻す

冷たいものでおなかを壊しやすい人は、ヨーグルトを常温に戻してから食べる方法をとることで冷えを防ぎましょう。
ヨーグルトは要冷蔵の食品ですので、食べる分だけ器に移して常温に戻すのがおすすめです。
常温に戻したヨーグルトは長期保存には適さないので、なるべく1回で食べきりましょう。

生活への取り入れ方・まとめ

これらのポイントをまとめると、

・薬の代わりにはならないので、医療機関での治療を優先する
・効果を期待するのなら毎日、継続して食べる
・ヨーグルトだけでなくその他の食生活にも気を付ける
・なるべく加熱調理はせずに食べる(砂糖を足したりするのは問題ありません)
・常温に戻すときは食べる分だけにする
・体に合わなければ食べるのをやめる

過度な期待は禁物ですが、食事を選ぶ要素のひとつとして、ヨーグルトの機能性に注目してみるといいですね。

参考文献

株式会社 明治:「乳酸菌PA-3試験結果」

カゴメ株式会社:「ラクトバチルス・ブレビス・KB290(通称:ラブレ菌)を含む飲料の継続摂取によるインフルエンザ罹患率の低減を確認~インフルエンザ流行期に栃木県那須塩原市の小学校15校にて大規模調査を実施~」

タカナシ乳業株式会社:「LGG乳酸菌効果① 花粉シーズンと乳酸菌」

梶本 修身,平田 澤,青江誠一郎,高橋 丈生,鈴木 豊,田中 博.境界域及び軽度高コレステロール血症に対しLactobacillus gasseri(ガゼリ菌SP株)を含有する発酵乳は血清コレステロール値を低下させる Japanese Journal of Lactic Acid Bacteria Vol.13, No. 2(2002)